ブックマーク
火産霊神社の神主日記

RSS|archives|admin

本日より春のお祭りです。

2018.05.27 Sun
20180527113652a16.jpg


平成30年春のお祭りです。

5月27日(日曜日)午後2時ごろから餅つきを行います。
午後4時30分ごろには子供たちにもお手伝いをいただきます。
子供達にはついたお餅にあんこやきなこをつけて差し上げます。
ぜひお参りください。

28日(月曜日)
本祭を行います。

祭典に引き続き護摩供養神事、御田植祭、太々神楽の奉納を行います。

両日とも神社駐車場には出店がでます。

駐車場は使用できませんのでなるべく自転車や徒歩でお参りください。

スポンサーサイト
Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

平成30年 節分祭

2018.02.05 Mon

本年も無事節分祭を執り行いました。


神社拝殿にて祭典、参道中央より鬼門、裏鬼門に向け矢を三本放ちました。


年女 年男の方々より豆まきをして頂きました。「鬼は外!」「福は内!」
鬼が退散した後には記念撮影。


境内の舞台からは福豆撒き。

Category:節分祭 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

節分祭のご案内。

2018.02.03 Sat

平成30年節分祭は
本日2月3日午後4時より祭典を執り行います。祭典の終了後、鬼踊り、鬼退治、豆撒き、福豆まきをおこないます。
駐車場はわずかの台数しか駐車ができません。なるべく徒歩にてお参りください。

Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

寺山八幡宮 恒例のしめ縄作り。

2017.12.11 Mon
12月10日は寺山八幡宮のしめ縄作りでした。午前8時30分に神社に集合。お参りをした後に古い〆縄を外します。

近くのお宅の倉庫に氏子青年会のメンバーが集結します。


しめ縄作りのために取っておいた、稲藁で作業が始まります。真ん中には竹の芯が入っております。


藁を麻縄で何回も何回も結んでいきます。
さらに荒縄で巻きます。気合いと掛け声ともにがっちり締め上げます。これを3本組み合わせて作ります。


午後3時30分神社の拝殿の前にしめ縄を置いてお祓いをします。お清めの後、鳥居に掲げます。


本年も氏子青年会の協力のもとおかげさまで立派な注連縄が出来ました。

Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

再建遷座20周年記念講演会のご案内

2017.11.04 Sat


火産霊神社は平成9年に奉祀400年事業にて各崇敬者のご協力により
再建遷座を行い本年でちょうど二十年の節目を迎えます。

来る11月12日(日)

午後3時より 記念講演会を開催する事となりました。
 
演題は「東日本大震災と神社の復興」

講師は 森 幸彦 先生 です。

講師紹介・・・明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。國學院大學神職養成講習にて神職資格正階取得,南相馬市の神社「伊勢大御神」「山田神社」他神社の宮司として奉職。福島県立博物館(会津若松市)の学芸員として勤務。専門は縄文時代

午後4時30分 神宮大麻神社大麻頒布始奉告祭、再建遷座記念祭

午後5時30分 直会を開催いたします。

是非大勢の皆様の参列をお待ち申し上げます。

講演を頂く森宮司さんとは昨年、牡丹山の諏訪神社のお神輿を南相馬市にお届けした折に大変お世話になった宮司さんです。
東日本大震災被災地の神職として神社と地域住民との復興にご尽力をされておられます。また、博物館の学芸員としてお勤めでもいらっしゃいます。縄文時代の人々の営みについても造詣が深く大変興味深いお話を頂けると思います。

講演会のみの参加は無料であります。直会の参加費は二千円ですので、ご希望の方は事前にお申し出ください。
        

Category:神社祭典 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |