ブックマーク
火産霊神社の神主日記

RSS|archives|admin

再建遷座20周年記念講演会のご案内

2017.11.04 Sat


火産霊神社は平成9年に奉祀400年事業にて各崇敬者のご協力により
再建遷座を行い本年でちょうど二十年の節目を迎えます。

来る11月12日(日)

午後3時より 記念講演会を開催する事となりました。
 
演題は「東日本大震災と神社の復興」

講師は 森 幸彦 先生 です。

講師紹介・・・明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。國學院大學神職養成講習にて神職資格正階取得,南相馬市の神社「伊勢大御神」「山田神社」他神社の宮司として奉職。福島県立博物館(会津若松市)の学芸員として勤務。専門は縄文時代

午後4時30分 神宮大麻神社大麻頒布始奉告祭、再建遷座記念祭

午後5時30分 直会を開催いたします。

是非大勢の皆様の参列をお待ち申し上げます。

講演を頂く森宮司さんとは昨年、牡丹山の諏訪神社のお神輿を南相馬市にお届けした折に大変お世話になった宮司さんです。
東日本大震災被災地の神職として神社と地域住民との復興にご尽力をされておられます。また、博物館の学芸員としてお勤めでもいらっしゃいます。縄文時代の人々の営みについても造詣が深く大変興味深いお話を頂けると思います。

講演会のみの参加は無料であります。直会の参加費は二千円ですので、ご希望の方は事前にお申し出ください。
        

スポンサーサイト
Category:神社祭典 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

記念写真 神輿渡御

2017.10.25 Wed


201710251518310b1.jpg

今回の秋季例祭で神社再建より20回目の神輿渡御となりました。
記念に鳥居前で集合写真を撮影いたしました。

牡丹山の 高山ミツル さんに撮影を頂きました。

高山さんには何かとお世話になっております。今回もお忙しい合間を縫ってはせ参じて頂きました。
鳥居前で脚立にまたがり、元気よく掛け声をかけ、担ぎ手みんなのいい笑顔が撮れていました。

で、神社近くのカメラのキタムラ 上木戸店に赴き、いつもお世話になっている店長さんにプリントと額入れをお願いしました。

数日後、出来上がった写真をお店まで取りに伺いました。

実はこの額入りの写真を カメラのキタムラ 上木戸店 店長の 小川原 和典 様より「奉納」頂きました。

大変ありがとうございました。感謝申し上げます。この場を借りて御礼申し上げます。

この写真はしばらく神社拝殿に展示を致しておりますので参拝の折にご覧ください。

Category:みこしまつり | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

平成29年 秋季例祭 アルバム

2017.09.25 Mon
平成29年 秋のお祭り 9月23日(秋分の日)
無事執り行うことが出来ました。

大勢の皆さんの御協力を頂き感謝を申し上げます。


触れ太鼓の皆さん。


本年も出発地点のイオン前では出発式、若藤会の皆さんによる万代太鼓の奉納演奏を頂きました。

20171025121513aaf.jpg
万代太鼓演奏に続いて、差し上げを行い、神輿を担ぎ上げその下を参拝の皆さんに通って頂きました。

20171025121551ffe.jpg

201710251216110bc.jpg

2017102512163269f.jpg

201710251216579dc.jpg

20171025121718588.jpg

20171025121745f6a.jpg

201710251218079f7.jpg

20171025121857768.jpg

20171025121919d6b.jpg
昨年、子供神輿は雨天の為残念ながら中止でしたが
本年は神社前より出発しました。子供たち70名ほどが元気よく担いでくれました。

201710251220061d1.jpg
大形中学校の柔道部の皆さんにも参加を頂きました。

20171025122023d46.jpg
今回は20回目の記念にファミリーマートさん前においても子供たちに万代太鼓の奉納演奏をして頂きました。
すごい迫力ですね。

20171025122113b9d.jpg

2017102512215807c.jpg

201710251222390ad.jpg
24日 本祭り 神楽の奉納。 


20171025122350592.jpg

20171025122534384.jpg

20171025122635319.jpg

201710251227585bf.jpg

今年の秋まつりはちょうど土日のお祭りになりました。
天候にも恵まれ無事執り行うことが出来ました。

Category:みこしまつり | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

新発田市加治の藤戸神社に行ってきました。

2017.07.31 Mon
新潟市東区松崎には宇多天皇を主祭神としてお祀りする「藤戸神社」があります。

予てより話には聞いておりましたが、加治の「藤戸神社」に参拝をして参りました。

胎内市で地鎮祭の奉仕の帰り道に立ち寄りました。

集落の一角を抜け田んぼ道を進むと小高い山があります。

手前の水路にはきれいな水が勢いよく流れています。

集落の端には神社の社号碑が建っています。大変味わいのある字です。
脇には御即位記念の文字。恐らく九十年程前に建立されたものだと推測されます。



また進むと赤い鳥居が見えます。


鳥居の脇には看板。

幸い少しのスペースを見つけ、駐車をします。

なんせ、地鎮祭の帰り道、白衣、袴姿での参拝。

看板には佐々木盛綱氏により築城された場所であるそうです。

なるほど。恥かしながら、初めて知りました。


じゃーん。

すごい石段。汗!

白衣、袴、草履姿でしたが、幸い他参拝の方もいらっしゃらなかったので

覚悟を決めて、石段を進みました。



石段の幅は写真の通り、一間程でかなり味のある古いものでした。

素晴らしいですね。山の中で鬱蒼とした比較的急な階段を200段ほど進むと

また赤い木製の鳥居が見えてまいります。



鳥居をくぐり、20段ほどの階段を登ると拝殿が見えます。

大変立派な建物で、古いつくりのものですが趣があります。



拝殿でお参りをしたのちに、後ろへ回るとご神体をお祀りする本殿につながる石段が見えます。

階段はさらに急な様です。

通常、神社でのお祭りの際には、祭が始まると、神職は装束をつけたまま、本殿の扉を開く

所作があります。こちらの神社ではその際、かなり大変なのではないかと心配になりました。

昨今「隠れたパワースポット」と呼ばれる場所があったりしますが、もしかしたら、こんな

場所がそう呼ばれたりするのかもしれません。とても素敵なお社でした。

 しかし、もともと神社はどんなところでも秘めた力の宿る場所なのです。

今回難点が一つ「とにかく蚊が多かったです。」少しもじっとしていられない程です。

また次の機会にゆっくりお参りしてみたい場所です。



Category:こんな所行ってきました | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

平成29年 春祭りのご案内です。

2017.05.16 Tue
harumaturitirasi.jpg

久しぶりのブログUPになってしまいました。

恥ずかしながら、神社のパソコンが古くなり、更新できない状態でした。
新しく Windows10 のパソコンとなりました。

4月に入ってからは各地区の神社で春のお祭りがありました。

無事奉仕いたしておりました。

4月7日 
 上木戸 諏訪神社
4月14、15日
 松崎 藤戸神社
4月15、16日
 新和 神明宮
4月17日
 河渡 大形神社
4月17、18日
 寺山 八幡宮
4月17、18日
 岡山 神明宮
4月20日
 竹尾 諏訪神社
4月23日
 中島 諏訪神社
4月23日
 児池 八幡宮
4月23日
 三百地 諏訪神社
4月23、24日
 石動 石動神社
4月24日
 逢谷内 諏訪神社
4月25日
 大渕 厳島神社
4月25日
 大渕 若宮神社
4月25日
 大渕 菅原神社
4月27日
 海老ケ瀬 諏訪神社
4月28日
 中興野 諏訪神社
4月29日
 牡丹山 諏訪神社
5月7日
 山木戸 三柱神社


そして5月27、28日は火産霊神社の春のお祭りです。

28日は不動の日であり、春のお祭りは5月に行っております。

今年はちょうど土日の開催となります。

そして今年は神社再建遷座より二十年の節目を迎えました。

huruijinnja.jpg
この写真は昭和35年ころの写真です。

老朽化が激しく 各地区の氏子さん、崇敬者のご協力により

平成9年12月に 竣工しました。

以来春と秋の大祭、

お正月行事、節分祭、夏越大祓、茅の輪くぐり神事

毎月の朔日祭、二十八日の月次祭など日々おまもり申し上げております。



今回の春祭りでは、大きな催し物があるわけではありませんが、

少しより楽しんでご参拝を頂けますよう、

篠笛、ギターユニット「Sora」さんよりお越しいただき、ミニコンサートを開催いたします。

是非お楽しみください。

harumaturitirasi.jpg


27日は餅つき大会、神楽、稚児舞、大黒様の餅撒き

28日は神饌田での御田植祭、歌謡奉納、太々神楽

がございます。

是非皆さまお参りください。

なお、21日(日)午前10:30分より お祭り準備会を行います。

Category:火産霊神社春の祭 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |